冷蔵庫の引越しの手順

引越しの手順

冷蔵庫 引越し 手順

 

引越しにはいろいろな手続きがあり、大変そうに見えますが実際はそうでもありません。
まずは手順がどのようになるのか、確認しておきましょう。
最初は引越しの大まかな順番です。

 

・新居が決まったら、引越し業者に見積もりを依頼する。

 

引越し業者への見積もりは、新居の住所やエレベーターの有無、廊下の広さなど具体的な物件の状況がわからないと正確な引越し費用額がわかりません。
同じ4階の物件でも、エレベーターありとなしでは同じ引越し料金になることはありませんし、トラックが物件の近くに横付けできる場所があるかどうかでも費用が大きく変わります。
引越し業者へ見積もりを依頼するタイミングは、新居が決まったらすぐにして引越し業者をおさえておましょう。

 

・荷物を梱包、不用品があれば処分をします。
引越し日までに少しずつ荷物を分別して、梱包をしておきます。
引越しの際は多くの不用品が出ると思いますが、これらはゴミカレンダーを見ながら計画的に捨てておきましょう。
引越しの際には荷物が多いと費用が高くなり、荷物が多ければ多いほど無駄な引越し料金が発生します。
いらないものは売る・あげる・捨てるなどの方法で処分して荷物を減らしましょう。

 

・市外への引越しの場合は、役所に転出届を提出します。(2週間前〜)
市外への引越しの際は、市議の選挙などのお知らせが新居に届くように市町村役場で手配しておかなければなりません。
役場に転出届を提出しましょう。一緒に国民健康保険や年金の届け出についても役所で聞いておきましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などへは「〇〇日に引越しをします!」と連絡をして、切り替えの詳細や精算する方法などを確認しましょう。
電気やガス、水道などのインフラは、引越し日までは現住所で使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
新居でインフラの手配を忘れてしまうと、電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルも多いです。お気をつけください。
精算方法については会社によって違うので、詳しく聞いておきましょう。

 

・郵便局に新居への郵便物を転送する手続きを行います。(届出から1年間有効です。)
郵便物が新居に届くようにするには「引越ししました」というハガキを出したり、住所変更の手続きが終わってからになります。
しかし郵便局に手紙を転送する手続きをしておけば、1年間は新居に届くようにできますので手紙が荷物が届かないということはありません。

 

・引越し当日はスムーズに指示できるように家具の配置などをあらかじめ決めておきましょう。
引越し日の当日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかという細かい指示が必要です。
前もって家具の配置やダンボールの置き場所などを紙にかいて指示書を整理しておくと、引越し当日はとてもスムーズです。
大きな家具がある場合は、玄関や廊下の幅を測ったりしてちゃんとその荷物は通るかサイズを測ってシミュレーションしておくと安心です。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出します。
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておきましょう。
選挙のハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをします。
荷解きは急がなくてもいいですが、頻繁に使うものはダンボールに分かりやすく記載しておくと便利です。
貴重品や下着類は自分で運ぶという方も多いです。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行います。
役所関係以外でも、免許やパスポート、カード類などは住所変更の手続きが必要です。
免許証は身分証として使われますので、必ず行いましょう。

 

 

いかがですか?何とかなりそうですか?

 

冷蔵庫は引越しの前日までに中身を食べたり、捨てたりして処分しましょう。
中身が空っぽになったら電源を抜いて霜取りをし、出た水を排水しておきます。
そのあとは引越し業者にお任せすれば、プロの技で引越ししてくれます。