引越しトラック 大きさ 道幅

引越しトラックの大きさと道幅

引越しトラック 道路の幅

 

引越しに必要不可欠なトラックですが、いろいろな大きさのものがあります。

 

小さいと荷物が入り切らないことがありますし、大きいとガソリン代などの経費がかかるので、ちょうどいいサイズのものを選ぶ必要があります。

 

トラックの大きさは家財が何畳の部屋に入り切るかということで検討をつけます。
しかしせっかく選んだトラックも、物件の前の道路の幅によっては使用できないことがあるのを知っておいてください。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには前面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックに前面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには前面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには前面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、前面道路4m以上が必要

 

日本は狭い国なので細い道路も多いです。
物件の前の道路に十分な広さがないときは、引越し業者に相談しておきましょう。

トップページ > 冷蔵庫の運送を安くする方法