引越し 人形供養

引越しと人形供養

引越し 人形

 

日本の家庭にはどこでも、いくつかの人形を持っているのではないでしょうか。
人形を新居に運ぶ際は、箱の中に緩衝材や新聞紙を詰めて、人形が動かないようにしてください。

 

ガラスケースは危険ですから、割れ物注意と大きく記載して上に物をつまないようにしてもらわなければなりません。
引越しは不用品を処分する機会でもありますから、不要な人形があれば処分しましょう。

 

引越しの際に少し処分したいと思うことがあると思いますが、人形は案外捨てにくいものです。

 

人の形をしているものをゴミ袋に入れる抵抗感が大きいですし、雛人形や五月人形などの思い入れの強い人形であればなおさらです。
ゴミ袋で捨てる場合は、回収の人が驚かないように外からは見えない工夫をして下さい。

 

ゴミ袋に入れて処分することに抵抗があるなら、人形供養という方法がオススメです。

 

人形供養は神社仏閣で行われており、「人形供養 地名」で検索すれば近くで人形供養をしている神社仏閣を探す事ができます。
もし家の近くに人形供養をしてくれる場所が無い場合は、郵送すれば受付してくれるところもありますのでそちらを利用しましょう。

 

供養のための費用を支払い、供養の後でお焚き上げをして焼却してもらうのです。

 

トップページ > 冷蔵庫の運送を安くする方法